鬱かなあ・・・

 現在朝方の6時。2時過ぎから起きている。主治医から,レナデックスの離脱症状緩和のために2日分のプレドニンを処方され服用を始めた。そのためだろうか,不眠のような状態が延長している。
 スッキリしないので,先ほど顔を洗いに行った。鏡の中の自分の顔は,目の周りにクマができているように見えた。何とも生気の無い表情だ。そんな自分の顔を見ながら,ふっと自分の心の中を垣間見たように感じた。
 
 自分への疑問!今の私は,何を思うのだろう。化学療法をしながら緩和ケアを受け,治療に専念している自分にとっては,やはり,病気のことが頭から離れない。心中は混沌としているのだ。
 生きる事への執着は,もちろん生物としての本能的な部分で私にもある。新薬の登場や治療法の改善により,以前よりは確実に長く生きられるようになってきてはいるようで喜ばしい事ではあるのだろうと思う。
 しかし,病気との闘いが今後延々と続くことになるのであれば,正直辛いと感じる一面がある。なぜなら,この先何度再発を繰り返すのだろうという不安を抱えて生きることになるからだ。完治するのであれば問題ないが,再発の度ごとに種々の抗癌剤を用いた化学療法や放射線治療等が待っている。生き続けることは治療の日々が続くことになるのだ。生きる目的が,治療で覆い尽くされることになりそうではないか。そんな人生に意味があるのだろうか・・・。
 正直なところ,よほど運が良くない限りはこれから何十年も人生が残されているとは思えない。ただ生きてるだけで儲けものと思う自分と,残りの人生はこんな事の繰り返しで意味があるのだろうかというネガティブな自分がいる。最近切実に感じることは,常に二面的な自分の内面がいよいよ精神に影響を及ぼしつつあるのではないかということだ。生きる価値をどこに求めれば良いのか。仕事をせずに年金暮らしをしていることは楽ではあるが,社会的な繋がりが極めて希薄になり寂しいものである。趣味のバイクや新しく始めたカメラも,体力的・物理的にスムーズにできないことも多く充実感が得られない。生きる目的が明確に見いだせないのだ。人はこうして鬱状態に陥っていくのだろうか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント