またまた眠れない!

 目覚めたのが1時半。昨夜は9時前にベッドに吸い込まれたので,都合4時間半寝たことになる。英雄ナポレオンと比べるのは変だが,ナポレオンの1日4時間の睡眠時間よりは長いので,まあ大丈夫でしょう。 寝付かないので,音楽でも聴くことにした。ネットで何を聴こうかとユーチューブを見ていると,「引き寄せの法則~いいことが次々と起こる!5分で今すぐ幸運に包み込まれるミラクルソルフェジオBGM」なんてのがあったので,聴いてみることにした。う~ん,5分では幸運はやってこないなあ!

 さて,レナデックスの離脱症状緩和のためにプレドニンを先日から服用しているが,どうも落ち着かない。前回のブログのタイトルは「鬱かなあ!」だった。多分鬱ではないだろうが,なにがしかの影響はありそう。そこで,あらためて副作用を確かめてみた。

1.レナデックスのおもな副作用
 ◎ 夜中に目が覚める,不眠症,脱力感,疲れやすい,手足の感覚の違和感,のどが渇く,尿量が増える,高血糖

2.プレドニンのおもな副作用
 ◎ 飲み始めに多い いらいら感,不眠,消化不良,下痢,吐き気,食欲増進

 やっぱり関係ありそう。不眠や落ち着かない原因は2種類のステロイド剤の影響だろう。今後ひどくなるようだったら主治医に相談することにしよう。

 別件だが,「60歳で血液の癌である多発性骨髄腫が椎体圧迫骨折から判明したtomeの治療日記。2018年06月07日」というブログを見ながら,入院中に同じようなことを考えてたなあと思い返すことだった。

【入院18日目~薬代1千万】
 この治療で4種類の薬剤を使用する。これらの保険薬価を調べてみたら驚くべき薬代である。3週間を単位とする6か月の治療で使用する薬代の合計は1,091,310円である。この単位を何回繰り返すかは状況しだいであるが9回繰り返した場合1,091,310円×9回=9,821,790円となる。なおこの病は完治は困難で再発するのでこれを数回繰り返すことが多いらしい。これ以外にも諸々必要なわけで結構な金額となる。ガン治療は病院や製薬会社の儲けどころで私たち患者は"生きる金塊"
 

 私の場合は,およそ次のとおりかな。
一日あたりのレナリドミドの費用は8,861円×5カプセル = 44,305円  
一ヶ月あたりのレナリドミドの費用は8,861円×5カプセル×21日 = 930,405円 

 自己負担はどのくらいに?
3割負担で279,121円。このほかに診察や検査費ほかの薬の費用もかかるので,毎月病院の窓口で支払う自己負担は30万円程度になる。が,毎月こんなに高額の医療費を払い続けるとあっという間に我が家の家計は破産してしまう。そこは高額医療費制度の負担額限度があって所得に応じるが月単位の負担限度額がある。わたしの場合その額は80,100円+(総医療費-26万7,000円)×1%で,4月目以降は44,400円。健康保険制度は素晴らしい。皆さんの負担があればこそ安心して治療を受けられる。このようなことも踏まえて,治療していかなきゃいけませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント