体調が変!

 震えが止まらない! 昨夜9時過ぎ,洗面所で首筋にゾクッときた。体が震えた。寒いわけではない。やや悪寒あり。自室で休もうと,2Fへの階段を上ろうとした。しかし,あまりにも体が震えるので断念。階段の横の台所のドアを開け,椅子に倒れ込む。かみさんが驚く。「どうしたの?」と尋ねるが,聞かれた私にも分からない。息遣いも苦しい。ゼエゼエと,ようやく呼吸ができる。口を大きく開けて,ゆっくりと呼吸する。できるだけ体の力を抜いてリラクッスしようと試みるが,うまくいかない。かみさんが毛布を掛けてくれた。まだ震えている。まいった。こんなことは初めてだ。どうしたらよいのかとまどう。かなり不安になる。冷静に自分の身体の状態を観察してみる。視力は異常なし。意識もはっきりしている。心臓も問題ないと思う。腕や手指はしっかりと動く。では,おかしいのは? 呼吸がしにくい,背中に疲労感がある,そして両脚の大腿部に違和感。少し落ち着いてきたので,再度階段を上ろうと挑戦する。しかし,脚が上げにくく手すりにつかまって階段を上ることにする。這い上がるようにしてようやく階段を上る。自室のベッドに入る。まだ,背中に違和感がある。身体は震えている。かみさんに,もう一枚布団をかぶせてもらう。それでも,なかなか震えが治まらない。よく分からない状況なので,気持ちを強く持つように目をしっかりと見開く。目を閉じると,そのまま意識を失うのではないかと恐いのだ。どれぐらいの時間が経過したのだろう。いつの間にか,すっと身体の力が抜け,息がスムーズにできている。

 安心したのか,そのまま眠ってしまったようだ。先ほど目が覚めた。背中には,かすかに疲労感が残っているが,大丈夫だ。喉が渇いているので,階下の台所に向かい階段を降りる。昨夜のことがあるので,手すりをしっかりと握りながら降りる。水を飲み,今度は階段を上る。脚には脱力感等の違和感はなく,階段を一段ずつ確かな足取りで上がる。
 忘れないうちに,昨夜のことを書き止めておこう。PCに向かい,しばらくすると,「うんっ?」,右足のかかとが痛い。この痛みは,覚えがある。4年前,1回目の化学療法の際に味わったベルケイドの副作用と同じだ。これも,今回初めてだ。昨夜から,何かがおかしいなあ。

 今日は,とにかく一日ゆっくり過ごすことにしよう。おかしな状況が継続するようなら,主治医に連絡してみようと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント