熱発!

 診察室から出てきた私を,かみさんが不安そうな表情で見ている。「どうだった?」「血球減少にともなう熱発みたい。入院はない。自宅で安静にするよう言われたよ。」かみさんの表情が,少し和らいだ。
  昨日は,12月にしては暖かく澄み切った青空が気持ちのよい天気だった。昼頃,バイクでプチツーしようかと悩んだ末に断念。妙に身体がだるかったのだ。自室で,ベッドに横になっているうちに眠り込んだようだ。目覚めると,すでに夕方5時過ぎ。身体のきつさが尋常ではなかった。熱を測ると37.2度あった。今年初めての熱発だ。夕食後,再度測ると37.6度に上がっていた。病棟のナースセンターに連絡。当直医がおり,明日(11日:水曜日)の受診決定。身体がどうにもきついので,また横になった。そのまま寝入ってしまった。
 仕事を休んできたかみさんの運転で,9時半に自宅を出て病院に向かった。主治医は診察日ではなかったので,同じ血液内科のM医師の診察を11時前に受けた。簡単な問診の後,血液検査を受けるように指示された。 
 13時前に再度受診。M医師の見解は,「血球減少とCRPの値が高いのは,レブラミドの作用によるものだと思う。」ということであった。
 対応策は,次のとおり。
① 抗生剤を処方したいがアレルギーがいろいろあるので心配。カロナールを10日分出しておく。
② 本日のレブラミド休薬。
③ 水分は十分に摂ること。
④ しばらくは,睡眠と休養をしっかりとり,安静にして過ごすこと。
⑤ 室温留意→暖かく
 「熱が続くときは,連絡するように。」とM医師に念押しされた。
 帰宅後,早速ベッドに入る。身体がきつくてたまらない。日曜日の夜,経験したことのない全身の異常な震えがあったが,これもレブラミドのせいだったのかもしれない。
 さて,血液検査の結果だが12月5日と比較しながら主な項目だけ取り上げておく。
 □ 白血球 
  4.67 → 3.23
 □ リンパ球数   
  920  → 570
 □ CRP      
  1.77  → 5.00
 あ~,しんどい! たまらん! はやく回復するといいのだが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント